MENU

経済サポート制度

トラジャルに興味を持てば持つほど「疑問や不安が増えて…」という人も多いのでは?
入学情報を事前にチェックして少しでも疑問や不安を解消してください。

各種奨学金・教育ローン・給付金

第1種〈無利子〉 第2種〈有利子〉
学力基準 高校最終2ヵ年の評定平均が3.2以上(在学採用) 入学試験合格をもって適格とする
月額 自宅外生
30,000円、
53,000円

から選択
30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円

から選択
自宅外生
30,000円、
60,000円

から選択
利子 無利子 有利子(上限3%)・在学中は無利子
募集等

【予約採用】入学前の申し込み

募集時期:在学している学校に確認してください。

「高校生」…
在学している高等学校の奨学金窓口に申し出てください。
「社会人等」…
高等学校卒業後2年以内で、これまでに大学・短大・専修学校専門課程に入学したことがなければ、
入学前年度に出身高等学校に申し出てください。
※受付期間がありますので、詳しくは出身高等学校に確認してください。
「高等学校卒業程度認定試験合格者」
 … 日本学生支援機構に直接申し込んでください。 TEL 03-6743‐6037

【在学採用】本学園入学後の申し込み

4月下旬に説明会を実施します。
※奨学金申し込み願書は説明会で配布します。

手続きの流れ

入学前予約採用
※詳しくは高等学校に早めにお尋ねください

入学後在学採用(定員あり)
※入学後も申し込みができます

2016年度実績

入学時特別増額貸与奨学金
(一時金)
  • ●第一種・第二種奨学金と併せて選考されます。
  • ●貸与月額の初回振り込み時に一時金の貸与を受けることができる制度です。
  • 100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円から選択できます。
  • ●日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込みをしたけれども利用できなかった人を対象とする制度です。
  • ●交付(振込)は入学後になります。

日本学生支援機構(給付型奨学金)

日本学生支援機構が新たに実施する給付型奨学金については、平成29年度に大学・短大・高等専門学校・専門学校に進学する方対象に給付を開始する予定です。新しい制度の詳細については、関係する予算及び法令の成立後、進学先を通じてお知らせする予定ですので、進路決定に当たっての参考としてください。

日本学生支援機構ホームページより抜粋。詳しくは日本学生支援機構のホームページをご確認ください。

本学園独自の提携教育ローン

利用できる方 申込名義は保護者(親権者で65才未満、定職のある方)
お問い合わせ 入学事務局 TEL 06-6447-0051
提携ローン会社 (株)オリエントコーポレーション
ローン金額 10万円より1年間の学費(留学中の学費も含む)以内
手数料 実質年率4.0%(2016年12月現在)※利率については経済情勢により変動あり
その他 在学中はローン利用額の利息のみを支払う負担の少ないステップアップ分割払い方法あり

お支払い(例) 実質金利4.0% ※ステップ期間は1年間の場合

ご利用金額 返済方法 在学中分納額 卒業後分納額 回数
100万円 通常分納 12,000円/月 12,000円/月 98回
ステップアップ分納 3,333円/月 12,000円/月 122回

※在学中は金利のみのお支払いにすることができます。この場合、卒業後に元金と金利の支払いが開始となります。

※上記は概算であり、実際のお支払い金額とは若干異なる場合があります。

利用合計額 最低分納額
10万以上〜50万以下 6,000円
50万超〜100万以下 12,000円
100万超〜150万以下 18,000円

その他の教育ローン

詳細は直接下記各機関の窓口へご相談ください。

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

融資金額 返済期間 融資利率 お問い合わせ先
国の教育ローン
日本政策金融公庫
350万円以内 15年以内
交通遺児家庭または
父子・母子家庭の方は18年以内
年1.81%
●教育ローンコールセンター
TEL 0570-008656
月〜金 9:00〜21:00 土 9:00〜17:00
(日・祝・年末年始はご利用いただけません)
●大阪支店
大阪相談センター TEL 06-6315-0301
月〜金(祝日除く)9:00〜17:00
労働金庫の教育ローン
近畿労働金庫の場合
(一般)
1000万円以内
(組合員以外300万円以内)
最長20年以内 年2.00%
固定型※別途保証料あり
●近畿労働金庫
TEL 0120-191-968
その他最寄りの労働金庫
「入学時必要資金融資」※申し込みは11月以降
入学時特別増額貸与奨学金が入金されるまでの間に、
労働金庫が入学時特別増額貸与奨学金の範囲内で融資する制度

2016年度実績

※融資金利については、経済情勢で変動することがあります。

専門実践教育訓練給付金(厚生労働省給付金)

社会人(就労経験あり)の方のスキルアップを国が支援!「給付金」を受けて学費を減額!

専門実践教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者だった離職者が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練学校の講座を自己負担で受講したときに、教育訓練にかかった経費(入学料や受講料など)の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられる制度です。

対象者

2年間の社会人経験があり、昼間部へ入学される方
(受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険被保険者期間を有している方)

対象学科

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪:昼間部 全科

大阪ブライダル専門学校:昼間部 ブライダル学科

給付支給額

最大で96万円の支給

1年目 2年目
最大32万円
(訓練費用の40%)
最大32万円
(訓練費用の40%)

さらに

1年以内に就職した場合

最大32万円

(訓練費用の60%)

上記一定の条件を満たした申請者が失業状態の場合は、「教育訓練支援給付金」を受けることも可能

教育訓練支援給付金とは
原則として離職される直前の6ヵ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の50%が支払われます。
(ただし、失業保険をもらっている場合は、失業保険が優先されて支払われます)

教育訓練給付金の支給までの流れ

※受講開始日の1ヵ月前までに手続きが必要になります。

本学園のオープンキャンパスや学校説明会に参加し、希望学科の学習内容を確認

ハローワークで受給資格の確認

ハローワークでキャリア・コンサルティングを受け、ジョブカードを受け取る

ハローワークにジョブカード、受給資格確認票などを提出

本学園の入学試験を受験・合格

ハローワークにて専門実践教育訓練給付金手続き(入学1ヵ月前までに)

本学園へ入学

支給申請、ハローワークより半年ごとに給付金給付

本学園卒業・就職

被保険者として雇用された場合、追加給付金給付

注意
・学校が指定する進級・卒業判定基準を超える欠席があった場合は、以後一切教育訓練給付金が支給されなくなります。
・学校が指定する進級・卒業判定基準を超える成績不良や休学等があった場合も教育訓練給付金が支給されなくなります。
・受講開始日に誤りがあったため、受講開始日の1ヵ月前までに「教育訓練給付金受給資格確認票」の提出がなされなかった場合、原則受給資格が認められません。必ず本学園にご確認をお願いします。

専門実践教育訓練についての詳細、ハローワークの詳細

最寄りのハローワークにお問い合わせ、またはハローワークのホームページをご覧ください。

教育訓練内容(学習内容)についての詳細

本学園までお問い合わせください。

TEL:0120-550861