MENU

卒業生の声

みんな夢を叶えて活躍中。

お客様が何度も帰りたくなるホテルへ。最高のスタッフと、最高のおもてなしを。

ザ・リッツ・カールトン大阪 コンシェルジュ

岩崎 省子 さん

2007年 昼間部 ホテル科
オーストラリア留学制度卒業(※留学制度はアメリカ留学に統合)
南高校(大阪府)出身

コンシェルジュは誰よりもお客様に近く、誰よりも頼りにされる幸せな仕事です。

コンシェルジュは、ホテル内外のレストランのご案内や予約、観光案内のほか、お客様からのご要望には何でも応える“何でも屋さん”のような存在。外国人のお客様の中には、滞在中のあらゆるサービスを私に依頼される方もいらっしゃいます。
中にはむずかしいこともありますが、すべて「ザ・リッツ・カールトンなら」と期待されてのこと。そう思うと逆にパワーが湧き、不思議となんとかなるものです。「またあなたに会いに来るわね」という言葉をかけていただく時ほど、ホテルスタッフとして幸せな瞬間はありません。

長期留学で身につけた積極性が接客の自信の源になっています。

高校が英語科で、「英語で接客する仕事を」と選んだホテル業界。ホスピ在学中は長期留学も経験しました。留学前にTOEIC®は600点のスコアを持っていたのですが、「間違っていたら恥ずかしい」となかなか喋れずじまい。でも、留学中はホストファミリーに積極的に話しかけ、友だちとも英語で会話するようにしたところ、就職時の英語面接にも平常心で臨めるほどの自信をつけられました。
TOEIC®のスコアも830点に伸びましたが、なにより人間的に成長できたからこそ、今、旅に不安があるお客様の相談にも応えられるのだと思います。

テーマパークを楽しみたいゲストがメインだから明るくフレンドリーな接客を意識。

ホテル ユニバーサル ポート ゲストリレーション

柳 恵里奈 さん

2012年 夜間部 ホテル科 卒業
大塚高校(大阪府)出身

ゲストの様子を見ながらスタッフの動きをコントロール。

テーマパークに隣接するホテルのロビーで、お荷物のお預かりやお部屋へのご案内、またはパークや近隣施設のチケット販売をしています。数年前からは、ロビーのスタッフへ指示を出す役割を任されるように。ゲストの様子を見渡しながらスタッフの動きを的確にコントロールするのはなかなか大変。でも最近は冷静に対処できるようになり、自分なりに成長を感じています。これからも、「ゲストから聞かれる前にお伺いする意識」を大切にしながら、テーマパークを楽しみに来られたゲストの気持ちに合わせて、明るくフレンドリーな接客を続けていきたいと思います。

手話やホテル英会話などトラジャルでの学びが武器に。

耳のご不自由なゲストがいらっしゃれば、積極的に手話でお声がけしています。私ができるのは簡単な会話程度ですが、それでも皆さん驚いて喜んでくださるんです。そうした対応ができるのもトラジャルで手話の基礎を学んだから。トラジャルの授業は「手話」にしても「ホテル英会話」にしても、すべてが現場で実際に使える内容ばかりなんです。夜間部だったので仕事をしながらの通学は大変な部分もありましたが、そのおかげで即戦力の経験値を得られました。トラジャルでの学びを武器に、大好きなホテルという空間で活躍したいと思います。

ホテルのブランドを守りつつ自分のブランドも確立したいですね。

セント レジス ホテル フレンチビストロ「ル ドール」
アシスタントマネージャー

石田 類 さん

2006年 昼間部 ホテル科
アメリカ留学制度卒業
岡山理科大学附属高校(岡山県)出身

時には顔なじみのお客様が会いに来てくださることもあるんです。

開業時から6年間、「セント レジス ホテル 大阪」で働いており、現在はレストランの運営を任される立場に。顔なじみのお客様が「会いに来たよ」と言ってくださったり、時にはお土産を持ってきてくださることもあるんですよ。この仕事をしていて良かったと感じる瞬間ですね。 レストランの責任者として歴史と格式のあるホテルのブランドを保ちつつも、いちホテルマンとして顔や名前を覚えていただき、「自分というブランド」を確立したいと思っています。

同僚にはトラジャルで学んだ仲間が何人も。

当ホテルにはトラジャルの卒業生が9名いて、中には海外での研修時代に同室だった同僚もいます。一緒に学んだ彼は悩みを語り合える仲間であり、負けられないライバルでもあります。いつまでも切磋琢磨していきたいですね。
ホテルマンの能力は数値化できません。でもだからこそ、ホテルマンになって11年目の今でも向上心を持ち続けられるのでしょう。今後もプロとして、お客様にも会社にも「結果」が出せるホテルマンでありたいと思っています。

支配人として一人ひとりのお客様に常に期待以上の「感動」を提供したいと思っています。

帝国ホテル 大阪 レストラン「ジャスミンガーデン」
支配人

池田 昌弘 さん

1993年 昼間部 ホテル科 卒業
北嵯峨高校(京都府)出身

ホテルのブランドを背負いながら「真剣勝負」の毎日です。

中国料理レストラン「ジャスミンガーデン」で、支配人を務めています。早いもので入社して20年以上がたちますが、今でも「接客の仕事は何十年やっていても慣れることがない」と感じています。
テーブルごとに違うお客様をお迎えしながら、一人ひとりのお客様に対して何ができるのかを考える毎日。常に「真剣勝負」の心構えで自問自答を繰り返しています。「期待通りは満足、期待以下はがっかり、期待以上は感動」という言葉があります。帝国ホテルブランドを背負っている以上、常に感動をご提供するため試行錯誤を続けています。

後輩であるトラジャル卒業生に良い刺激をもらっています。

これまで上司として、先輩として、多くのトラジャル卒業生を見てきました。彼らと接してきて自信を持って言えることがひとつあります。それは“トラジャル卒業生は一緒に働きやすい”ということです。
まず新人の頃から挨拶や接客がしっかりできているし、前向きで明るく、会話のキャッチボールが上手い。そんな後輩たちに接する度に、母校を誇らしく思うと同時に、私も負けていられないと身が引き締まります。今後も帝国ホテルのブランド力を支える一人として、後輩であるトラジャル卒業生たちと刺激し合っていきたいですね。

多彩なお客様と出会い世界とつながる職場。やりがいは尽きません。

ザ・ペニンシュラ東京 レストラン 「Peter」
チームリーダー

秋保 庸夫 さん

2010年 昼間部 ホテル科
オーストラリア留学制度卒業(※留学制度はアメリカ留学に統合)
如水館高校(広島県)出身

海外ホテル出身の先生のサポートで「憧れ」が「仕事」に。

私の姉もトラジャルの卒業生で、迷わず入学。在学中は長期留学も経験し、想像以上に有意義な3年間でした。そんな中で芽生えたのが、英語が活かせて最高峰のサービスに携われる「ザ・ペニンシュラ東京」への憧れ。当時はまだ開業まもなく採用実績も少なかったのですが、海外ホテル出身の先生が毎日英語面接の指導をしてくださり、就職試験では自然体で自分を表現できました。採用の決め手はこれに尽きると思います。

プラスαの接客でキズナを築く。

現在はホテル24階の「Peter」で接客とスタッフの育成を行っています。世界中からの多彩なお客様をおもてなしするのはやりがい。私は常にプラスαのサービスを心がけています。以前、ハワイからのお客様に、初日にお渡しした新聞や飲み物などの好みを覚え、翌日依頼前にご提供した際は大変喜んでいただきました。これがきっかけで、帰国された今も連絡を取り合っています。一瞬で終わらないキズナが築けるのも、この仕事の醍醐味です。

世界屈指のホテルの開業に立ち会うことができた。

大阪マリオット都ホテル レストラン「ジーケー」
ホールスタッフ

西川 佳織 さん

2014年 昼間部 ホテル科
阿武野高校(大阪府)出身

常にアンテナを張りながらもお客様との会話が楽しみ。

勤務しているのは、超高層ビルの中にあるホテルの最上階レストランです。自慢の景色はスタッフもうっとりするほどで、お客様から説明を求められることもよくあります。そうした景色の情報やすべてのメニューのインプットは必須。さらに200以上座席がある広いレストランなので、スタッフ同士の連携が肝心。常にアンテナを張りながらも、その合間に交わされるお客様との会話を楽しんでいます。

現状に満足せずさらなるステップアップを。

このホテルにはオープニングスタッフとして就職しました。世界屈指のホテルの開業に立ち会えるなんてとても光栄でしたが、もちろん開業まではとても忙しく、新入社員であっても自ら考えて動くことを求められました。その点、私はトラジャルの実践的な授業に慣れていたので、それほど戸惑うことはありませんでした。新たな目標はソムリエの資格取得。現状に満足せず、ステップアップしていきたいですね。

もっと日本の伝統文化を勉強してお客様をおもてなししたい。

有馬温泉 欽山 ルームサービス

岡村 清美 さん

2015年 夜間部 ホテル科 卒業
高知商業高校(高知県)出身

担当が幅広いからこそお客様と長く深いお付き合いに。

有馬温泉の旅館で客室係として勤務しています。担当はお客様のお出迎え、お部屋へのご案内、夕・朝食の配膳、寝床の準備、お見送りなど、とても幅広いのですが、それだけお客様と長く深くふれ合うことができるためやりがいも大きいんです。過去にはお礼のお手紙をいただいたことや、私を訪ねてリピートしていただいたことも。そうしたお客様の笑顔とありがとうの言葉がモチベーションになっています。

旅館で働く魅力は部門を越えたおもてなし。

ホテルでは通常、担当する部門が細かく分かれていますが、私はあえて部門を越えてお客様をおもてなしする旅館に就職しました。トラジャルには「旅館スタッフコース」があり、旅館ならではの接客マナーや知識、制服となる着物の着付けなどを学べたことは大きなアドバンテージでしたね。これからも日本の伝統文化について勉強を続け、お客様をおもてなししたいと思います。

留学時代に培った経験が活かせています。

Hotel Okura Amsterdam B.V. 日本食レストランスタッフ

西川 幸人 さん

2011年 夜間部 ホテル科
アメリカ留学制度 卒業
開陽高校(鹿児島県)出身

広い世界で働きたい。この学校がその夢を叶えてくれた。

外国で働くことにずっと憧れていて、ホテルなら世界中にあるから海外就職ができるかも…と、トラジャルへ入学。苦手な英語を在学中に克服しようと、アメリカへの長期留学も決めました。留学の日々は人生で最高の1年!学びも、遊びも充実していて、ホストファミリーや現地の友だちとは今でも連絡を取り合う仲です。自分でも驚くほど英会話が上達し、おかげで今の職場に内定。夢を叶えることができ、本当にうれしく思います。

和食という日本文化を世界へ伝える喜び。

現在、ミシュランの星を獲得した『山里』という日本食レストランでサービスの仕事をしています。世界無形文化遺産の和食は海外でも人気で、ヨーロッパ各国から多くのお客様が来られ、中には世界のVIP級の方々も…。質の高いサービスを求められる職場ですが、ホテル科で最高級の接客を学んだことが活きているなぁ、と感じます。お客様に直接「君のサービス、素晴らしかったよ」「君に会いに来たよ」と言われる時に、仕事の喜びを実感します。